アテニア クレンジングの成分解析の結果…!【超シンプルだった】

アテニアのクレンジングって安いんです!

でも、安かろう悪かろうではありません。

初回お得情報

初回限定300円OFFのチャンス
2週間の化粧水サンプル付き♪
マスクも1枚もらえます!

品質が良いのはファンケルの子会社だからイメージできるかもしれませんが、本当に良いのか?しっかり解析しよう!と言うことで今回はちょっと専門的なことを書いていきます。

専門的なことではなく、良いか悪いか端的に知りたいと言う方は、アテニア クレンジングの口コミでみんなの評価をサクッとチェックしてみて下さい!

全成分一覧:エチルヘキサン酸セチル、ジイソノナン酸BG、ジイソステアリン酸ポリグリセリル-10、オクタイソノナン酸ポリグリセリル-20、ヘキサカプリル酸ポリグリセリル-20、(ベヘン酸/エイコサン二酸)グリセリル、シスツスモンスペリエンシスエキス、ヘリクリスムイタリクムエキス、バオバブ種子油、アルガニアスピノサ核油、パーム油、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、パルミチン酸アスコルビル、ステアリン酸イヌリン、トコフェロール、フェノキシエタノール

アテニア クレンジングの主成分はメイクを落とすオイル

主成分
・エチルヘキサン酸セチル
・ジイソノナン酸BG

オイルクレンジングですので、主成分は当たり前ですがメイクを落とすオイルになります。

全く聞きなれない「エチルヘキサン酸セチル」「ジイソノナン酸BG」がそれですね。

この2つのオイルは合成して作られたオイルで、市販に使われてる鉱物油に比べると、ねっとり感が少なく肌に残らないクレンジングオイルには適したオイルと言えます。

油は油で落とす!

そもそもメイクは油分なので、油をもって油を浮かせるのは効率的です。オイルクレンジングは乾燥する!と誤解されていますが、品質が良いオイルであれば、つっぱりや乾燥はありません。

アテニアのクレンジングに使われているメインの洗浄剤2つは、乾燥やつっぱりを直接もたらすものではないので乾燥肌の方も使えるオイルクレンジングです。

アテニアはすすぎを楽にする乳化剤を3つ配合

スルっと落とす成分
・ジイソステアリン酸ポリグリセリル-10
・オクタイソノナン酸ポリグリセリル-20
・ヘキサカプリル酸ポリグリセリル-20

主成分であるオイルでメイク汚れを浮かせあとは、乳化させてメイクをスルっと落とすことが肝心!

アテニアのクレンジングの成分表を見ると、主成分の洗浄剤の次にくるのは3つの「乳化剤」でした!

乳化とは、通常反発しあう油と水と混ぜ合わせることです。

クレンジングの場合、すすぎの水メイク汚れを絡ませたオイルを混ぜ合わせることですね。

うまく乳化してくれないと、顔にオイルが残りべたつく原因になります。

皮膜感が残ってしまう、洗い上がりがスッキリしないクレンジングは乳化がうまくできてない可能性があります。

クレンジングの目的は「メイクを落とすこと」ですので、美容成分の配合量より、まずは品質の良い洗浄成分と乳化剤のバランスが大事なんですね。

アテニアの「微細乳化処方」でスッキリ

微細乳化処方はアテニアクレンジングの特長の1つ!

アテニアのクレンジングは、すすぎの水とオイルがすばやく乳化微粒子レベルに分散するため、スルっとメイクが落ちます。

すすぎが何度も必要なオイルクレンジングもありますが、アテニアのクレンジングはそのストレスがなく使えます。

2つの乳化剤の後にくる(ベヘン酸/エイコサン二酸)グリセリル

2つの乳化剤の次に配合量が多いのは、乳化作用による製剤安定性を保つための成分である(ベヘン酸/エイコサン二酸)グリセリルです。

お肌にしっとり感を与える働きもあります。

毒性もなくお肌に刺激を与えませんので心配のない成分です。

アテニアのくすみを取り除く成分は2つ

テニアのクレンジングと言えばくすみ抜け!
くすみに良い成分
・ロックローズオイル
・イモーテルオイル

何といってもくすみの原因になる肌ステインを緩めて切り離す働きをもつ「ロックローズオイル」を日本で初めて配合したのがアテニアです。

主成分のオイル→乳化剤→乳化作用による製剤安定性を保つ成分までがメイクを落とすのに必要な成分で、その後にくる「シスツスモンスペリエンシスエキス」はロックローズオイルのこと!

成分表を見れば、くすみケアに力を入れてるのが分かりますよね!

またそのロックローズオイルの次に来る「ヘリクリスムイタリクムエキス」はイモーテルオイルのことです。

イモーテルオイルは、肌ステインの発生を根本的に防ぐ成分です。

肌ステインは毎日でき、除去されない限り蓄積していくので、出来てしまった肌ステインを洗い流すことと同じくらい、未然に防ぐことも大事なんですよね。

メモ
duoクレンジングバームホワイトはくすみに良いクレンジングとして評価されるようになってきていますが、ロックローズオイルは配合していてもイモーテルオイルまで入ってません。
参考:duoホワイトの口コミ

保湿成分・毛穴ケアに良い植物油脂配合

保湿・毛穴ケアに良い成分
・バオバブオイル
・アルガンオイル

主成分→乳化剤→製剤安定性を保つ成分→くすみ除去成分の次にくるのは、保湿成分と毛穴ケア成分に良いバオバブオイルとアルガンオイルです。

オイルの中で一番高級で品質も良いと言われる希少な植物油脂です。

潤いを与えてくれるバオバブオイル

保湿とエイジングケアに良い成分!

成分表では、「バオバブ種子油」と記載されています。

バオバブオイルはオレイン酸を多く含み、このオレイン酸は人の皮脂の40%を占める成分です。同じ成分どうしで肌なじみが良く保湿効果に優れています。

またエイジングケアにも良い成分として知られるのは、水分を保つ上に酸化を防ぐからです。

アルガンオイルの毛穴効果について

保湿とエイジングケアに良い成分!

アルガンオイルは成分表では、「アルガニアスピノサ核油」と記載されています。

アルガンオイルは、毛穴の汚れ・角栓・過剰な皮脂を取り除く働きがあるので、毛穴ケアをしたい方にもアテニアのクレンジングはおすすめです。

アテニア クレンジング 口コミを見てもらうと分かる通り、毛穴ケアに対する評価も高く、実際にオイルを馴染ませながら鼻回りをクルクルマッサージしてあげると、角栓がザラザラ取れることもあります。

またバオバブオイル同様に「オレイン酸」を多く含み肌なじみが良く保湿成分にもなるので、洗い上がりのつっぱりとは無縁になります。

アルガンオイルはビタミンEもオリーブオイルの3倍以上含んでいるので、抗酸化力にすぐれ、乾燥やくすみの改善など抗老化作用も確認されていますよ。

主成分のオイルの他、上記の「ロックローズオイル」「イモーテルオイル」「バオバブオイル」「アルガンオイル」のおかげで、メイク落ちの良さとともに、くすみ・保湿・角栓ケアのできる品質の良いオイルクレンジングになっています。

無添加にもこだわりがあるアテニア クレンジング

ファンケルの子会社ですからね!

ファンケルは無添加で有名ですが、その流れを引き継いだ子会社のアテニアも負けていません。

無添加
・鉱物油不使用
・アルコール不使用
・防腐剤(パラペン)不使用
・合成着色料不使用
・合成香料不使用
・紫外線吸収剤不使用

またファンケルのマイルドクレンジングオイル同様「ノンコメドジェニックテスト済み」でニキビの元ができないことを確認しています。

アテニア クレンジングオイルの成分解析まとめ

いかがでしたか?

アテニアのクレンジングオイルは価格が安くコストパフォーマンスが良いだけではないことが成分から見えてきたでしょうか?

メイクの落とす洗浄力のある成分とお肌をきれいに保つ成分の2つがしっかり配合されバランスの取れたオイルクレンジングになっています。

1本1,800円(2ヶ月分)なのに、品質も良い。

市販のクレンジングを使ってる方は特に、今使ってるクレンジングから新しいものに変えたい方には、アテニアのクレンジングは真っ先におすすめしたいアイテムです。当サイト毛穴クレンジングランキングでも1位にランクインしています。

初回の方はお得に買える公式サイトを確認してみて下さいね!
初回お得情報

初回限定300円OFFのチャンス
2週間の化粧水サンプル付き♪
マスクも1枚もらえます!

2018年毛穴ケアランキング

関連記事