【毛穴の黒ずみ・毛穴の開き】原因と改善法まとめ!効果的なケアはコレ!

毛穴トラブルと言っても色んなタイプがあります。ここでは目立つ穴のタイプを4種類にわけ、それぞれの原因善方法をご紹介します。

毛穴タイプ4種類の特徴「あなたに当てはまるのはどれ?」

①黒ずみ毛穴

毛穴の角栓が酸化して黒ずんでしまったのがこのタイプ。

角栓とは・・・皮脂と古い角質、顔の汚れ、空気中のチリ/ほこりが皮脂と混ざり固まったものです。

こんな特徴がある
●クレンジングを適当にする人に多い
●毛穴周辺にニキビができやすい
●肌がゴワゴワしてる
●俗にいういちご鼻になりやすい

夜疲れて面倒臭くて、さっと洗顔を終わらせてしまう日はありませんか?

黒ずみ毛穴の原因は?

●毛穴パック・角栓を押し出す・・・一時的には角栓が取れて毛穴の黒ずみが解消されますが、毛穴を広げさらに毛穴を大きくします。また角栓と同時にターンオーバー前の角質が無理やり剥ぎ取られターンオーバーのリズムを乱し、未熟な角質が増えさらに毛穴が目立つようになります。

●水だけ洗顔・・・メイクをしてない日でも水だけで顔を洗うこともNGです。皮脂は油なので水では完全に落としきれません。

●過剰なピーリング・・・その場のザラつきは抑えられても、過度な刺激を肌に与えると、肌の防御反応でさらに角質は分厚くなり新たな角栓ができやすい状態になります。

改善方法は?

●オイルクレンジングで古い角質・角栓を取り除く

オイルクレンジングは洗浄力が強すぎるもの、低品質のオイルを使用したものなど肌に逆効果になるものもあります。クレンジング選びは慎重に。またマッサージと言ってもメイクを馴染ませる中で行えますので、だらだら長時間のマッサージは控えましょう。

●クレイ洗顔や酵素入り洗顔を使う

クレイ洗顔や酵素入り洗顔で古い角質を除去し、毛穴のつまりにくい=角栓のできにくい環境を整えることも必要です。しすぎは注意です。

●ビタミンB2・B6・ビタミンCをサプリ等で摂取

ビタミンB2⇒脂質の代謝、肌の再生を促す効果あり

ビタミンB6⇒皮膚の新陳代謝が活発になりハリや艶のある肌を維持する作用あり

ビタミンC⇒酸化を防ぐ効果あり

正しいクレンジング/洗顔方法でケアすることが何より大事!

②開き毛穴

もともと毛穴が多い、皮脂腺が大きいなど遺伝が関わるタイプの毛穴です。毛穴が目立たないタイプは皮脂腺が発達してない人に多いのです。

ただ生まれ持ったものは変えられませんが、元の大きさまではスキンケアで戻すことができ、お手入れ次第で毛穴を目立たなくできます。

こんな特徴がある
●オイリー肌
●化粧崩れがひどい
●毛穴が大きい・丸い

開き毛穴の原因は?

●過剰な皮脂分泌

過剰に皮脂が分泌され肌がテカっていると毛穴が目立って見えます。また過剰な皮脂分泌が毛穴を広げてしまうこともあります。

●角質層の保湿成分の不足

皮脂の分泌量が多い場合は特に取り除くケアやさっぱりケアに気持ちが向きがちですが、実は皮脂の分泌を抑えるには、水分とのバランスを取ることが大事。開いた毛穴がいつまでも改善しないのは角質層の保湿成分の不足が原因の場合があります。

改善方法は?

●日中こまめに皮脂を拭き取る

ティッシュで優しく皮脂をOFFしましょう。それだけで毛穴は目立ちにくくなります。

●保湿成分配合の化粧水・乳液・美容液を使う

水分のほとんどは肌に吸収されず蒸発するので、保湿成分を与えること、水分を保持する保水力を高める成分を与えることが重要です。「セラミド」「コラーゲン」「ヒアルロン酸」配合のものを選びましょう。

特に安い化粧水・美容液は保湿成分は入っていても配合量が少ないなど大した効果を期待できないものも多く、あまり安すぎるものには注意!

③乾燥毛穴

肌の乾燥で毛穴が萎んでるタイプの毛穴です。保湿ケアさえ行えば意外とすぐに改善に向かうタイプです。

こんな特徴がある
●頬の毛穴が目立つ
●夏より冬場に毛穴が目立つ
●毛穴の詰まりはなく穴が空いてるよう

原因と改善方法は開き毛穴と同じ

角層のうるおい不足で起きる乾燥毛穴は、開き毛穴と同様に保湿成分をしっかり配合した基礎化粧品でケアしましょう。

セラミドの他、ライスパワーNo.11といった保水機能を向上させる成分はセラミドより効果を発揮する可能性あり

④たるみ毛穴

毛穴の開きに肌全体のたるみが加わり、毛穴の開きがしずく型になっているタイプです。加齢によるハリ・弾力の低下が原因なので、アンチエイジングのケアも必要になってきます。

こんな特徴がある
●30代以降に多い
●頬の毛穴が目立つ
●肌全体がたるんでハリ・弾力がない

たるみ毛穴の原因は?

●加齢によるコラーゲン・エスラチンの減少

真皮層でお肌の弾力・ハリを支えていたコラーゲン・エスラチンが減少したことにより、お肌が重力に耐えられずに毛穴の周りが緩むことでたるみ毛穴になります。

改善方法は?

●AHA(フルーツ酸)などでピーリング

たるみ毛穴は老化の初期段階です。加齢により遅れがちなターンオーバーを促進させ肌細胞の生成を高める他、最近ではAHAには真皮のコラーゲンを増やす働きがあると言われています。

●紫外線対策

紫外線を浴びることで、肌のコラーゲンの働きを悪くしますので紫外線対策は必須です。

●レチノール配合の美容液を使う

レチノールはビタミンAの一種からできていて、真皮のコラーゲンに働きかけコラーゲンを増やす作用があります。

●ビタミンC/ビタミンC誘導体配合の美容液を使う

ビタミンCにはコラーゲンの生成を手伝う、抗酸化力が高いのでハリ・弾力をもたす、過剰な皮脂分泌を抑える、毛穴を引き締める効果が期待できます。

●イオン導入器やたるみケアの美顔器を使う

たるみ毛穴は進行を止めることが先決です。より早い段階でケアしていくために美容成分を奥まで届けること、また美容成分以外でたるみを改善する美顔器に頼ることも1つの手です。

まずはエイジングケア商品を使ってみることをおすすめです

2018年毛穴ケアランキング

関連記事